セラミック治療|広島の胡町駅より徒歩1分、歯列矯正をはじめさまざまな治療を行なう南青山デンタルクリニック広島医院

ご予約はお電話で 082-504-7733
診療時間 月・火・金 / 9:00〜13:00 14:30〜18:30水・土 / 9:00〜13:00 14:00〜17:00
CONTACT

セラミック治療 ceramic

審美的な詰め物・被せ物 Esthetic

金属の詰め物・被せ物(銀歯など)が気になる方へ

金属の詰め物・被せ物(銀歯など)が気になる方へ

虫歯治療などで歯を削った場合に、元の機能を回復するため金属で詰め物や被せ物をします。一般的に「銀歯」とよばれる補綴物です。
こうした金属の質感は、どうしても歯列の中で目立ってしまいます。前歯付近や大きな被せ物は、見た目にも配慮した審美性の高い素材をご検討ください。
セラミックは透明感ある白さで、天然歯とほとんど見分けがつきません。患者さまの歯に合わせて色味の微調整が可能です。
金属アレルギーの方にもおすすめの治療法です。

セラミック治療の種類と特徴 Types and Feature

ポーセレン・ラミネート・ベニア

歯の形や色味でお悩みの場合は、ポーセレン・ラミネート・ベニアを適用できます。
歯の表面をわずかに削って、薄い板状のセラミックを貼り付ける方法です。
ホワイトニングや歯科矯正治療をせずとも、見た目を改善することが可能です。

メリット
  1. ホワイトニングが難しい場合でも歯を白くできる
  2. ねじれた歯の形を整えることができる
  3. 軽度のすきっ歯は矯正治療をせずに治せる
デメリット
  1. 貼り付ける歯の表面を削らなくてはならない
  2. ホワイトニングよりも費用がかかる
  3. 歯ぎしりや食いしばりで欠ける危険性がある

メタルボンド

メタルボンドは、金属のベースにセラミックを焼き付けた補綴物です。
内側が金属なので丈夫です。表面のセラミックで、歯列になじむ自然な色味を再現できます。高い強度と見た目の美しさを兼ね備えた方法です。

メリット
  1. 色調が歯列になじみ自然な仕上がりとなる
  2. 内側が金属なので割れにくい
  3. 強度が高く、奥歯やブリッジにも適用可能
デメリット
  1. 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
  2. 金属成分が唾液に溶け出して歯肉が変色することがある
  3. オールセラミックに比べると透明度が劣る

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた素材です。
セラミックの見た目の美しさと強度に加え、レジンの柔軟さを兼ね備えています。丈夫でありながら、噛み合う歯を傷めることはありません。
金属アレルギーの方も使用できます。

メリット
  1. 保険適用のレジンよりも耐久性が高い
  2. 保険適用のレジンに比べ自然な色味にできる
  3. オールセラミックよりも割れにくい
デメリット
  1. すり減ったり傷ついたりしやすい
  2. 長期間使用するとレジンの劣化により変色してしまう
  3. オールセラミックやメタルボンドと比べ透明感が劣る

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとは、すべてセラミックで作られた被せ物のことです。
天然歯に遜色ない色味と透明感があります。変色せず汚れも付きにくいので、長い間美しい見た目を保つことができます。
金属アレルギーの方でも使用できます。

メリット
  1. 天然歯同様の透明感を再現できる
  2. 歯垢などの汚れが付着しにくく、着色もしない
  3. 金属を使用しないので歯肉の変色がない
  4. 金属アレルギーでも適用可能
デメリット
  1. 天然歯よりも硬いため噛み合う歯に負担がかかる
  2. 歯ぎしりなどの強い力で欠けてしまうことがある
  3. 金属の素材を用いるときよりも歯を多く削る

ジルコニアクラウン

ジルコニアはセラミックの一種で、人工ダイヤモンドともよばれる非常に強度の高い素材です。強い力がかかる奥歯にも、適用することができます。
金属を使用しないため色味と透明感に優れており、金属アレルギーの心配もありません。

メリット
  1. 透明度が高く審美性に優れている
  2. 奥歯やブリッジにも使用できるほど強度が高い
  3. メタルフリー素材なので金属アレルギーでも安心して治療できる
デメリット
  1. オールセラミッククラウンよりも色調や透過性が劣る
  2. 歯ぎしりなどの強い力がかかりすぎると、割れてしまうことがある
  3. 硬い素材なので調整が難しい

審美的な歯科治療のリスク・副作用

  1. セラミックを用いた治療は保険適用外の自費診療となります。保険治療よりも費用はかかりますが、機能面・審美面に優れた治療です。
  2. 歯ぎしり・食いしばりといった癖がある場合、セラミックが破損することがあります。別の素材やマウスピースの使用をおすすめしています。
  3. セラミックの強度を保つために厚みが必要なので、金属の補綴物を使用するときよりも、取り付ける歯を多く削ります。
  4. 虫歯や歯周病は、先に治療をします。歯の内部や歯根部分に細菌感染がある場合は、根管治療をして、セラミックを取り付けるコア(土台)を作ります。
  5. 歯肉は加齢などが原因となって退縮することがあります。セラミックと歯肉に隙間ができると審美性を損なうので、再治療が必要です。
  6. セラミック治療で歯を削るときに、しみたり痛みを感じたりすることがあります。症状が強く出る場合には、神経を取る処置をすることがあります。
ポーセレン・ラミネート・ベニアのリスク・副作用
  1. 機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
  2. 噛み合わせによっては、また歯ぎしり・食いしばりの強い方の場合は、ごくまれに割れたり欠けたりすることがあります。
  3. 加齢により歯肉が退縮して審美的な支障をきたした場合、再治療の必要が生じることがあります。
  4. 削る歯の量はごくわずかですが、歯がしみることがあり、症状が強い場合は神経を取ることがあります。
完全予約制
ご予約はお電話で受け付けております
082-504-7733

月・火・金 / 9:00〜13:00 14:30〜18:30
水・土   / 9:00〜13:00 14:00〜17:00
休診日 / 日・木・祝日