舌側矯正について

2Dリンガルブラケット-薄くて見えない舌(裏)側矯正-

今まで金具が気になって矯正ができなかった方に、最適な矯正法です。
裏側につける金具の中でも薄く違和感が少なく、もちろん裏につけるので見えない矯正法です。

2Dリンガル ブラケット-フォレスタデント リンガル ブラケット-

目指したのは患者さんへの優しい装着感です!

フォレスタデント リンガル ブラケットは、シンプルな2D(Bi‐Dimensional)リンガル ブラケットです。通常のブラケットにある角形のスロットはありません。2つのセルフ ライゲーション クリップがワイヤーを保持します。

フォレスタデント リンガル ブラケットは驚くほど薄く、患者さんに快適な装着感を提供します。トルクのない2D リンガル ブラケットのシンプルな治療は、舌側矯正治療を希望する患者さん、そして新たに舌側による矯正治療を行うドクターとってとても扱いやすい装置となります。ブラケットのセットアップは必要とせず、ダイレクトに装着するリンガル ブラケットです。
ラボワークや装置のコストなどオフィスにとっても相対的な費用対効果を向上させる助けとなります。

  • 厚さわずか1.3mmのリンガル ブラケット

    フォレスタデント リンガル ブラケットの本体の厚さはわずか1.3mm*。さらに丸みをもったエッジ デザインとスムーズな表面処理によって、舌側装置でありながら今までにない快適な装着感を実現します。

    ※厚さはブラケットのタイプによって異なり、1.3mm~1.65mmの範囲となります

  • 使いやすいセルフ ライゲーション ブラケット

    フォレスタデント リンガル ブラケットは、素早く、容易にアーチワイヤーをブラケットに挿入できるバーチカル スロットを持ったセルフ ライゲーション ブラケットです。アーチワイヤーは、独自のシンプルな開閉機構をもったセルフ ライゲーション クリップに咬合側(バーチカル インサーション)から挿入します。

  • 快適な装着感を提供するブラケット

    シンプルなデザインのフォレスタデント リンガル ブラケットは、患者さんの食事や会話への影響を最小限にします。患者さんはブラケットを装着したすぐ後でも、装着前とほとんど同じように会話や食事を楽しむことができます。

全体的な矯正ですと通常の1.5倍の費用がかかります。
ただ部分的に前歯の矯正をされる場合は40~80万円+消費税です。
期間も3カ月~1年前後(歯並びの具合により変わります)

院長 山田英治

広島大学歯学部卒業。MEAW研究会日本口腔インプラント学会所属。大阪口腔インプラント研究会所属。日本ヘルスケア歯科研究会所属。日本ヘルスケア歯科研究会所属。

もっと見る

  • ご予約・無料カウンセリング 初診相談のご予約
  • 歯医者さんの口コミと検索

当サイトはSSLに対応しており、個人情報は全て暗号化して送信されます。

SSLスマートシールの表示

このページの先頭へ