床矯正装置について

床矯正装置について

今まで何軒も矯正相談に行ったが、毎回違う説明でますます悩んでしまい、矯正をするか迷っていませんか?

それは歯並びが良い状態が登山で言う山の頂(てっぺん)だとすると治療法は そのてっぺんを目指すコースを探すことになるからなんです。
登山の方法はいくらでもありますよね。
いくらか緩いコースを選んで時間をかけて登ることもあれば急な斜面を登り時間を短縮したり、あるいはその両方を組み合わせたり気付かれたと思いますが、いろんなコースがとれるので毎回違うのです。

ですから、また皆さんを混乱させるかもしれませんが以下の方法も私個人の見解です。
最終的な判断はご自分あるいは、お子さんがしなくてはなりません。自分で、そのコースを登るのですから。

基本的には本格的な矯正は高校1年生くらいに始められるのが良いと考えます。それは土台になる骨の成長もほぼ終わりつつあるので安定しているからです。
ただ 8~11歳の時期に歯並びが悪い場合は少しでも歯をきれいに並べるスペースを確保するために拡大床という装置を使う咬合誘導という方法が取れます。

床矯正の症例はこちら

大体の歯並びの原因としては左右の奥歯の間隔が狭くなり前歯が並ぶスペースがないことによります。
ですから、そのスペースを作ってあげれば、将来本格的な矯正をすることになっても歯を抜く確立が格段に減るのです。
費用は状態にもよりますが15~30万円くらいです。(これに消費税がかかります)
まずはお電話で御予約ください。。

院長 山田英治

広島大学歯学部卒業。MEAW研究会日本口腔インプラント学会所属。大阪口腔インプラント研究会所属。日本ヘルスケア歯科研究会所属。日本ヘルスケア歯科研究会所属。

もっと見る

  • ご予約・無料カウンセリング 初診相談のご予約
  • 歯医者さんの口コミと検索

当サイトはSSLに対応しており、個人情報は全て暗号化して送信されます。

SSLスマートシールの表示

このページの先頭へ