一般治療|広島の胡町駅より徒歩1分、歯列矯正をはじめさまざまな治療を行なう南青山デンタルクリニック広島医院

ご予約はお電話で 082-504-7733
診療時間 月・火・金 / 9:00〜13:00 14:30〜18:30水・土 / 9:00〜13:00 14:00〜17:00
CONTACT

一般治療 General

歯の予防ケア Preventive

歯の予防ケア

歯科医院を受診しようと思うのは、すでに歯が痛むなど症状が出てから、という方が多いのではないでしょうか。
治療で削った歯は、被せ物などで機能を補うことはできますが、元通りに再生することはありません。
ご自身の歯を長く大切に使うためには「病気になったら治療する」ではなく、「病気にならないよう予防する」という発想が大切です。

定期検診

虫歯や歯周病の初期段階は、自覚症状がほとんど出ません。痛みを感じたらすでに症状が進んでいると考えてください。
ご自身では気づきにくくても、歯科医院の定期検診で発見できます。
ごく初期の虫歯は、削る必要もありません。歯周病もクリーニングや徹底した歯磨きで回復させることができます。
当院では数ヵ月に一度の検診をおすすめしています。

定期検診

クリーニング

きちんと歯を磨いても、完全に汚れを落としきることは不可能です。少しずつ蓄積した磨き残しは、歯垢や歯石となって歯にこびり付きます。
歯科医院では専門の機械と薬剤を用いて、隅々まで徹底的に清掃します。歯の表面を磨き上げるので、着色汚れも落ちて綺麗になります。ツルツルとして歯垢の付きにくい状態になるので、予防効果もあります。

クリーニング

3DS治療(除菌療法)

3DSとは「デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム」の略で、除菌治療を意味します。
治療ではまず患者さまの歯型を取って、専用のマウスピースを作製します。ご自宅でマウスピースに薬剤を入れ、歯列に装着し除菌します。
3DSを始める前にはクリーニングを行なって、歯垢・歯石を取り除いておきます。 虫歯や歯周病になりやすい方におすすめの治療法です。

3DS治療(除菌療法)

歯磨き指導

しっかり歯磨きできていると思っても、磨き方には癖や偏りがあるかもしれません。磨き残しやすく虫歯・歯周病のリスクがある部分を確認し、より良い歯磨きの仕方をご指導させていただきます。
歯科医院での治療やメンテナンスと、患者さまご自身の適切なホームケアの両輪揃うことで、予防効果は長続きします。

歯磨き指導

フッ素塗布

「フッ素配合」と表記された歯磨き剤などがあります。フッ素には再石灰化を促進する働きがあります。歯の表面のエナメル質に付いた微細な傷や、酸による脱灰(歯のカルシウムが溶け出すこと)は、再石灰化で修復されます。初期の虫歯も、フッ素塗布で治すことができます。
歯質の強化や、虫歯菌の活動を抑制する効果もあります。

フッ素塗布

歯周病治療 Periodontal

歯周病とは

歯周病とは

歯周病は、口内の細菌による感染症で、歯周組織が炎症を起こします。
初期段階では痛みを感じないので、患者さまご自身で気づくことが難しい病気です。そのまま放置すると歯周ポケットが深くなって、より歯垢が溜まりやすくなるという悪循環に陥ります。
歯周病は進行すると血や膿が出て、口臭もするようになり、噛むときに痛みが発生します。歯槽骨にまで炎症が及んで溶かされると、歯を支えられなくなり、抜け落ちる危険性があります。

歯周病の原因

口内の細菌は、歯間や歯周ポケットに残った食べカスをエサにし、歯垢を形成します。歯垢は細菌の塊です。強固な膜を作って増殖し、歯周病を引き起こします。
歯磨きが不充分だったり、歯並びが悪くて汚れが溜まりやすかったりすると、歯周病のリスクが高まります。ストレスや喫煙などの生活習慣も、悪化の原因となるので要注意です。

歯周病の原因

歯周病の治療方法

歯磨き指導

歯周病治療で重要なのは、原因菌の繁殖を抑えることです。しっかりと歯垢を除去し、口内環境をコントロールしましょう。
軽度の歯周病は、クリーニングと適切な歯磨きで治療することができます。当院では磨き残しやすい場所をご一緒に確認し、歯ブラシの持ち方・当て方・磨き方といったブラッシングの基本からご指導します。

スケーリング/ルートプレーニング(歯石除去)

歯垢は唾液中のミネラル分と結合して、歯石になります。
スケーリングは、鉤爪状のスケーラーという器具を使用して、歯の表面や歯間、歯周ポケットの歯垢と歯石を取り除く治療です。
歯周病が進行すると、歯周ポケットが広がり内部に歯石が溜まるので、スケーリングし、ルートプレーニングで歯根表面を磨き上げます。

虫歯治療 Cavity

虫歯の進行と治療

食べ物に含まれる糖分をもとに、細菌が酸を生み出し、歯を溶かす病気が虫歯です。
歯の成分が溶け出す脱灰という現象は毎日起こりますが、唾液の修復作用で元に戻っています。口内の清掃が不十分だと、歯垢が溜まって細菌が活発になり、修復が追いつかずに虫歯になります。
フッ素塗布などで回復する初期段階を除いて、虫歯治療では患部を削り、詰め物などで機能を回復させます。
感染が歯の内部まで及ぶと、神経を取り除く根管治療をする場合もあります。

虫歯の進行と治療

保険治療による詰め物・被せ物(レジン・銀歯)

虫歯の保険治療では、金属やレジン(プラスチック)を用います。
レジンは白色なので、小さな範囲をカバーする場合に目立ちにくいという特徴がありますが、劣化して欠けたり変色したりするので、再治療が必要です。
奥歯など範囲が大きく強い力がかかる部分には、銀歯を用います。強度が高く費用も抑えられますが、見た目や金属アレルギーの問題があります。


審美的な白い詰め物・被せ物について
保険治療による詰め物・被せ物(レジン・銀歯)
完全予約制
ご予約はお電話で受け付けております
082-504-7733

月・火・金 / 9:00〜13:00 14:30〜18:30
水・土   / 9:00〜13:00 14:00〜17:00
休診日 / 日・木・祝日