歯に悪い食べ物|ブログ|広島の胡町駅より徒歩4分、歯列矯正をはじめさまざまな治療を行なう南青山デンタルクリニック広島医院

ご予約はお電話で 082-504-7733
診療時間 月・火・金 / 9:00〜13:00 14:30〜18:30水・土 / 9:00〜13:00 14:00〜17:00
新規ネット
予約はこちら
ブログ Blog

歯に悪い食べ物

歯に悪い食べ物といえば、甘いお菓子や清涼飲料水を思い浮かべる人が多いかもしれません。

 

虫歯になるリスクが特に高いのは、糖分や油分が多く含まれていたり、

歯にまとわりつく性質のある食べ物です。

糖分は歯の表面のエナメル質を溶かしやすくするため、摂りすぎに注意が必要です。

 

キャラメルやポテトチップスなど口内に残りやすい食べ物は「停滞性食品」と呼ばれ、

唾液があまり分泌されず、汚れも落しにくいことから、虫歯が発生しやすくなります。

 

また、柑橘類や炭酸飲料など酸性の食品も、歯の表面を溶けやすくします。

 

歯に悪いからといって食べるのを我慢する必要はありませんが、

食べ過ぎや就寝前の飲食は控えて、食べた後はすぐに歯を磨く習慣を身につけましょう。

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

完全予約制
ご予約はお電話で受け付けております
082-504-7733

月・火・金 / 9:00〜13:00 14:30〜18:30
水・土   / 9:00〜13:00 14:00〜17:00
休診日 / 日・木・祝日