スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例|ブログ|広島の胡町駅より徒歩4分、歯列矯正をはじめさまざまな治療を行なう南青山デンタルクリニック広島医院

ご予約はお電話で 082-504-7733
診療時間 月・火・金 / 9:00〜13:00 14:30〜18:30水・土 / 9:00〜13:00 14:00〜17:00
新規ネット
予約はこちら
ブログ Blog

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

スタッフが前から悩んでいる歯並びを治したいということでインビザラインで矯正し現在保定に入りましたので、一つの症例としてご紹介します。

彼女は今年は30歳。

上顎前歯の突出と叢生、かなりの歯列不整、左右の高さが違う状態でした。

スタッフのため費用はかなり割引し6分の1、その分モデルとして使わせてもらいました。

下は矯正前の写真です。2018年11月に資料を取りました。この頃は、まだシリコンで型を取ってました。

2019年1月末に37枚の予定でインビザラインを始めました。

リスクは矯正後、臼歯部が傾斜する可能性でしたが、ゆっくりしたため傾斜は、ほぼありませんでした。

 

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

2019年2月20日上顎左右4番を抜いています。

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

下の写真は2019年5月

10枚目の状態です。

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

下の写真は2019年9月

21枚目の状態です。

だいぶ前歯の出具合も良くなってきました。

 

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

下の写真は2020年3月

24枚目の写真です。

少しずつアンフィットが見られたので資料を取り直して修整用のマウスピ-スを作り直します。

あと左下2番の歯根露出が気になるとの事で、これも修整します。

抜歯窩も閉じて大体きれいになりました。

ここまで約1年1か月です。

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

下の写真は資料取りから1か月製作した後、修整用を始めて

6カ月2020年9月の写真です。修整22枚目。

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

下の前歯の根元の隙間が気になるので前歯を形態修整して、左上2番の回転を治す修整用を作るため、2022年4月

資料を取り直しました。歯根露出はだいぶ改善されました。

 

 

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

下の写真は上の前歯が左に寄っているのを修整用で資料取り直し。2022年12月。

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

完全正中一致は無理でしたが最初からすると、かなり良くなったので保定に入りました。

最初の抜歯後インビザラインの症例でしたので1枚1枚を長めにつけたため長くかかりました。

現在は抜歯症例では2年~3年くらいです。

2023.6月

現在、保定中です。

スタッフのインビザライン抜歯矯正治療症例

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

完全予約制
ご予約はお電話で受け付けております
082-504-7733

月・火・金 / 9:00〜13:00 14:30〜18:30
水・土   / 9:00〜13:00 14:00〜17:00
休診日 / 日・木・祝日